本文へスキップ

TEL. 0558-83-3013

〒410-3217 静岡県伊豆市八幡33-1

伊豆市内の活動NEWS&FAQ

平成28年度災害ボランティアセンター立上訓練 を実施しました!

 平成28年7月3日(土)に土肥・中伊豆地区、7月23日(土)に天城・修善寺地区において伊豆市災害ボランテ
ィアセンター立上訓練を開催しました。両日で152人の参加があり、災害ボランティアセンターのしくみや流れを体験形式で学んでいただきました。
 参加していただいた方々からは、様々な意見や感想いただき、災害時にスムーズに運営のできる災害ボランティアセ
ンター作りに大いに貢献いただき、「地域住民」として担っていただきたい役割や、災害ボランティアセンターを知る
よいきっかけづくりとなりました。







平成27年度災害ボランティアセンター立上訓練 を実施しました!

今年度も平成26年度同様、災害ボランティア登録者向けの立上訓練と修善寺・土肥・天城・中伊豆の4会場での立上訓練
を実施しました。10/3、11/7に4会場で実施しました立上訓練には合計130名の参加があり、災害ボランティアセンター
を知る初歩的な訓練を実施し、参加された方々からもたくさんの意見を伺うことが出来、災害ボランティアセンターの
PR・周知がでました。
 3/5には害ボランティア登録者対象の立上訓練を実施し、30名の登録者の方々と業務の配置・ボランティアの流れ等、
実際に体験していただきながら訓練を実施しました。年々、訓練を重ねているため、様々な課題・意見を反映させた訓
練となっており、一歩ずつ体制を整えているのが実感できます。






平成26年度災害ボランティアセンター立上訓練 を実施しました!

今年度は災害ボランティア登録者向けの立上訓練と修善寺・土肥・天城・中伊豆の4会場での立上訓練を実施しました。
災害ボランティア登録者の立上訓練は、7/19(土)参加者38人で災害ボランティアセンターの業務を実際に配置し内容
の検討や課題の抽出等、災害時に稼働できる体制を整えるための第一歩となる訓練でした。
 8/30、9/6に4会場で実施しました立上訓練には合計146名の参加があり災害時、「地域住民」として担っていただき
たい役割や、災害ボランティアセンターを知るよいきっかけづくりとなりました。








H26.2/22・3/1災害研修会を開催しました!!
もし伊豆市で災害が発生したら…地域住民として何ができるだろう??

  
 
平成26年2月22日(土)土肥会場、3月1日(土)修善寺会場ので災害研修会を開催しました。研修会当日は、土肥会場
30名、修善寺会場30名のの参加があり、災害ボランティアセンターのしくみや災害事例の紹介(水害・津波等)を
学んでいただきました。土肥会場には昨年7月の西伊豆町の水害について西伊豆町社協の山本氏より講演していただき
ました。
災害がどのようなもので、災害時にはどのようにボランティアセンターが立ち上がり、復興を目指すのかを知る良いき
っかけづくりになりました。

9/7 伊豆市災害ボランティアセンター立上げ訓練を行いました!!
もし伊豆市で災害が発生したら…地域住民として何ができるだろう??

  
  
平成25年9月7日(土)、天城湯ヶ島・中伊豆の2会場で伊豆市災害ボランティアセンター立上訓練を開催をしました。
訓練当日は合計68名の参加があり、災害ボランティアセンターの仕組みや役割を運営訓練を通して学んでいただきまし
た。
 災害時、「地域住民」として担っていただきたい役割や、災害ボランティアセンターを知るよいきっかけづくりにななりました。今年度はこの他に修善寺・土肥地区でも研修会を実施する予定です。

8/23(金)〜8/25(日)被災地支援ボランティア派遣を実施しました。
伊豆市→宮城県気仙沼市へ

8 月23 日( 金) 〜 25 日( 日) の3日間で20 名を宮城県の気仙沼大島に派遣しました。復興住宅への移行と共に被災
地でのニーズは産業復興支援が主となり、今回は漁業支援としてホタテ養殖の手伝いを行いました。
  
  
1年間で10cm 程に成長したホタテをキレイにし、穴を空けて紐に吊るしてさらに10 ヶ月程成長させる「耳吊り」と
呼ばれる作業を、地元漁師さんの指導のもと行いました。震災から2年半、ようやく震災後に養殖を始めたホタテが出
荷できるとの話でした。新たに市場や船を造っている反面、沿岸部の景色は昨年とほとんど変わらず、復興と呼ぶには
まだ時間が掛かるとも感じました。今回は若い参加者も多く、今後の伊豆市における災害に備えた活動・活躍に期待し
ています。



バナースペース